適切な治療で改善しましょう|勃起不全を放置しない

葉っぱ

薬で改善する

頭を触る男性

名古屋の医療機関

EDは専門機関で治療を行うことができますが、薬を処方してもらうことができます。治療薬にはいくつかの種類がありますが、バイアグラは耳にしたことがある人も多いでしょう。バイアグラは世界で初めて誕生したEDの薬ですが、その次に誕生したものがレビトラです。名古屋では専門機関にて処方してもらうことができるので、EDに悩んでいる人は一度相談するといいでしょう。

副作用について

日本でレビトラが発売されるようになったのは2004年となります。はじめは「5mg」と「10mg」のみの発売でしたが、2007年になると「20mg」が発売されるようになりました。バルデナフィルと言われる成分が含まれており、水に溶けやすい性質を持っています。最高血中濃度に到達する時間も早いため、ED治療薬の中でも一番効果がスピーディーに出ると言われています。ただし、あくまでも勃起時のサポートを行うための薬となるため、服用しても勃起するわけではないことを覚えておくことが大切です。また、顔がほてったり、目が充血したりといった副作用が出ることもありますが、軽度の場合はそこまで問題がないとされています。

レビトラを処方

名古屋には数多くの専門機関がありますが、どの医療機関においてもレビトラの処方は保険適用外のため自己負担となります。すべての費用は自己負担となりますが、名古屋の専門クリニックでは1錠からでも処方してもらうことができます。はじめての人は、自分に合うかどうかを確認するために、まずは試してみるといいでしょう。